LED照明を使用した盗撮防止システム

a0002_010612

当ブログにおいても、スマートフォンによる盗撮被害について、頻繁に取り上げていますが、立命館大学理工学部電子情報工学科の講師らが、LED照明をしようして、スマートフォンによる盗撮を防止しようという試みがなされている。

警察庁の集計によると、盗撮事件の約3分の2はスマートフォンによるもので、スマートフォンの普及に伴い、増加傾向にあります。

盗撮を防止するための機能としては、撮影時にシャッター音を鳴らしたり、撮影角度を感知して撮影出来なくするなどの方法があるが、アプリなどで回避できてしまうため、決め手に欠ける。

研究グループでは、撮影を制限したい空間で、LED照明とスマートフォンの間で信号のやり取りを発生させ、撮影しようとした際に、機能に制限が加わる様な仕組みを構築している。

LEDの光量の変化は人が感知出来ない程度のもので、公共の場や駅などへの導入が検討されている。

関連記事

ページ上部へ戻る