盗撮を被害に合わないために

a0002_004056

スマートフォンの普及に伴い「街中の多くの人がビデオカメラを持ち歩いている」とも言える近年です。

女性にとっては、スカートの中から着替える時、自宅に及ぶまで、油断出来ない状況となってきました。

その様な中で、盗撮被害に合わないために、どういったことに気をつければ良いのでしょうか。

女性はスカートの中を狙われやすいので気をつけましょう。

エスカレーターや階段、本屋さんやレンタルビデオ屋などで、カバンに仕込んだ小型ビデオカメラでスカートの内側を撮影するという手口です。

靴に仕込んだ小型ビデオカメラで、電車内の女性のスカートを盗み撮りするというケースも見られます。階段を上る際や、立ち止まって何かを見ている際、常に後ろを振り返り、誰かが近寄ってこないか、警戒する様にしましょう。

警戒心を持つだけでも、盗撮犯を近寄らせないオーラを出す事ができます。

また、エスカレーターでは、手すりを背にして立つのが有効ですね。

関連記事

ページ上部へ戻る