弁護士視点で見る、盗撮被害

a0001_017634

スマートフォンの普及に伴い、盗撮犯罪の件数も増えて来ました。

盗撮は、法律上「軽犯罪法」や「迷惑防止条例」などの犯罪行為として罰せられます。

盗撮による犯罪行為は、公の場での盗み見や撮影などのことを指しますが、住居などに侵入して盗撮行為を働いた場合は、住居侵入罪も成立します。

小型ビデオカメラの進化に伴い、一昔前は「のぞき」と呼ばれていたものが、最近では盗撮行為に変わってきていますね。

関連記事

ページ上部へ戻る